スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリで妊娠生活&出産をする事に


8月末に妊娠している事が分かりました。

子供はいつか欲しいとは思っていたけれど、
まさかこのタイミングで、この自分が妊娠するだなんて。

永遠に続くように感じた悪阻がようやくおさまり、今は安定期。

チリの医療は進んでいて、先生は親身で優しい。
病院はとっても綺麗。
チリで出産をする事に迷いはなし。
言葉が若干不安ですが、どうにかなるでしょう


DSC08928.jpg
↑検診から出産までお世話になる
『Clinica Alemana』クリニカアレマナ(赤矢印)
(アレマナとはドイツという意味)
家から車で約5分(写真は家のリビングから撮影)近くて安心。
ちなみに、右下の建物とグラウンドはドイツ学校。
チリはドイツ系が多い。

Edificio.jpg
↑サンティアゴ内でも高級病院の部類、との事。

nuevo-centro-clinica-alemana.jpg
↑今年完成したばかりの病棟。
出産&入院はこちらの棟です。
一度お見舞いに行った事がありますが、とっても明るくて清潔。

IMG_020fa5afd.jpg
↑全ての診療科が揃っていて、24時間の緊急体制をとっている、との事。

一ヶ月に1度の検診があります。
私の主治医は、日系チリ人で、
カタコトですが日本語が話せます。
検診中の会話は全て日本語。
日本人の妊婦さんに慣れているので、
色々な面で信頼出来るし、とっても優しい。
いつも納得するまでじっくり時間をさいてくれます。


IMG_0071afvdsa.jpg
↑チリには母子手帳はありません。
これは、日本のお母様が取り寄せてチリまで送って下さった、
日本語とスペイン語のW表記の母子手帳。
日本で出産をする、スペイン語圏外国人ママの為の物なんだそうです。

日本に住民票がない為、日本の母子手帳はもらえなかったとの事で、
こちらを送って下さいました。
(同じく妊婦のお友達は日本の母子手帳をもらえたそうです。
区によって違うのかも…?謎)

日本大使館とかに問い合わせたら日本の母子手帳は貰えるのかな…?
そいういう体制はないのかな…?
日本人なのに、日本の母子手帳&妊婦バッジがもらないなんて…おかしい気がする。

IMG_0072.jpg
↑中身はこんな感じ。
お医者さんに書いてもらう欄もあるので、
看護師さんに渡して書いてもらおうっと。
日本のものと同じく、
赤ちゃんが受けた予防接種の種類等を記入する欄もあるので、
出産後も長く使う大切なものになるでしょう。


日本の妊娠&出産雑誌をいくつか読みましたが、
チリとは異なる点がいくつか。
また気がむいたら少しずつ書いていこう。


チリでの妊婦生活、穏やかに過ごしていきます。

CHAO

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

病院が近くて安心です なんか日本よりいい環境みたいですね

悪阻がおさまってよかった 


No title

>あきこさん
日本の出産事情は詳しくわかりませんが、チリ良いです。
合理的というか…。
今度また書きますね。
悪阻で痩せた分、最近沢山食べています☆
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sanae

Author:sanae
2011年3月からチリのサンティアゴで生活しています。家族は旦那様のザッキーと、2014年4月に産まれた長男タイチート。日本にいる家族や友達に発信する、日記代わりのゆる~いブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。