スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月花形歌舞伎を鑑賞



お母様と新しくなった歌舞伎座へ歌舞伎を観に行きました。

歌舞伎って難しいイメージがあり、
若い頃はなかなか行く機会がありませんでしたが、
今回、とっても楽しめました

舞踊(?)、舞台のセット(?)、生の演奏、衣装などなど全てが美しくて芸術的で感動~
(セットって言うの?それぞれ専門用語があるのかしら?)

歌舞伎の事はあまり詳しく分からないから、
感じた事を飾らず書いてみよう~

IMG_9372.jpg
↑今年4月に新しく開場した歌舞伎座。
『紫の部分と提灯には歌舞伎座の座紋「鳳凰丸」が描かれている』との事。
(座紋という物があるのね。フムフム)
以前のデザインを継承しているそうです。
大学時代、近所に住んでいたのに素通りでした…。

IMG_9354.jpg
↑入ってすぐのロビー。
絨毯には、京都・平等院鳳凰堂中堂母屋の方立の模様を再現しているとの事。
そんな事、知る由もない私…写真、見事に見切れてますが…

IMG_9355.jpg
↑1階の座席。

IMG_9356.jpg
↑2,3階席。
ぶれちゃった。

IMG_9362.jpg
↑花道。

私達が座ったのは、前から4列目の花道から近い席。
これ以上ないくらい、最高の席でした

色々と調べてみると『七三』と呼ばれる場所の横でした。

(以下、ネット参照。
『七三』とは、揚幕から七分、舞台から三分くらいの位置にあるあたりを指し、
花道を歩いてきた役者が立ち止まって台詞を言ったり、踊ったりする場所。
また、スッポンがあり、役者がせり上がって登場することもある。)


IMG_9353.jpg
↑友達に勧められた通り、イヤホンガイドをレンタル。
相当これに助けられました
芝居の邪魔にならない絶妙のタイミングで解説をしてくれます。
あらすじだけではなく、衣装の意味とか楽器の説明も。

IMG_9359.jpg
↑食事処「花篭」

IMG_9358.jpg
↑事前に予約をしたお弁当美味しぃ
かまぼこが、歌舞伎の幕の色


2度目の歌舞伎鑑賞、とっても楽しかったです。

舞踊や所作は美しくて見入ってしまいました。
生演奏と唄も素晴らしくって感動。
役者さんの動きに合わせ、独特の効果音を作っていて、
その場面の雰囲気や登場人物の心情が伝わってきました。

『だんまり』という場面では、
役者さんのそれぞれの違う動きが一つにまとまって見えて、とっても美しかった。
(だんまり、初めて知りました)
見得も格好良かったです

ただ台詞が難しく、集中して聞いても理解できない時が多々ありました。
台詞の意味が分かるようになる日はくるのかしら…。


IMG_9375.jpg
↑手拭いを頂きました
片岡愛之助さん、とっても素敵な方でした。
「チリんちりん、見ましたよ~」と仰って下さいました。

何も考えずにつけた、このブログのこのふざけたタイトル…。
もっと知的なタイトルにすれば良かったと初めて後悔



改めて日本の伝統文化、伝統芸能っていいなぁって思いました。
外国に住むと更に強く思います。
日本に帰ったらまた観に行きたいな



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

楽しくってとってもいい気分でしたね

No title

>akikosan
楽しかったですね♪
また行きましょうね。
ご近所さんのお家に行ったのも良い思い出(笑

No title

ドジなことをしました いつもあんなことしてます 話題が増えていいのです

我が家T氏がブログがうまいとほめてました

No title

>akikosan
そうですね!笑い話が増えて良いですよね♪
私の出国日を間違えたのも同じ!!笑
T氏に褒めて頂けるとは・・・・嬉しいです。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sanae

Author:sanae
2011年3月からチリのサンティアゴで生活しています。家族は旦那様のザッキーと、2014年4月に産まれた長男タイチート。日本にいる家族や友達に発信する、日記代わりのゆる~いブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。