スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチュピチュ旅行 【二日目】


マチュピチュ二日目。

この日は、マチュピチュの背後にそびえる山、
『ワイナピチュ』に登りました。

マチュピチュ遺跡自体、かなり高い場所にあるのだから、
それをはるか下に見下ろすワイナピチュの山頂からの景色は、
それはそれは絶景とのこと。


IMG_8062mk.jpg
↑赤い矢印がワイナピチュ。

DSC06755.jpg
↑どの角度からみても、急斜面。
ていうか、崖…
その分、上から見下ろすマチュピチュ遺跡の景色は
すごいに違いない。

DSC06883.jpg
↑ワイナピチュの入り口。
午前7時の開門を待つ人でいっぱい。
ワイナピチュへは午前午後ともに、先着200名。
雨季だった為か、混んではいませんでした。
名前と入山時間、『事故があっても自己責任』のサインをします。
滑落事故がたまにあるらしいのです。

DSC07724.jpg
↑結構ハード。
石垣の階段が続きます。
階段に手をかけよじ登る。

hjl.jpg
↑こんなところも。
頭に注意。

DSC07722.jpg
↑こんなに幅の狭い階段。
しかもすぐ横は崖。
ふと、『邦人女性マチュピチュで滑落事故』の文字が頭をよぎる…

DSC07694.jpg
↑結果、恐怖で一歩も動けなくなり、号泣。の写真。

DSC07696.jpg
↑恐怖に打ち勝ち、約1時間で登頂!!

DSC07702.jpg
↑しかし、霧がかかって、マチュピチュ遺跡が見えない…
30分程待ちましたが、寒さと恐怖で、下山することに。
しかし、これから行く人は辛抱強く待つ事をお勧めします。
刻一刻と変わる、マチュピチュの天気。
必ず霧が晴れ、絶景がみえてくるとのこと。

DSC07703.jpg
↑下りは更に怖い!!!
斜度45度程の階段が永遠に続く。
お尻をつきながら、一段一段ゆっくりと。

DSC06922.jpg
↑ワイナピチュから遺跡を観ることが出来なかったので、
隣の2番目に高い山に登りました。
ここからでも十分絶景!!



DSC07730.jpg
↑2番目に高い山から見た、ワイナピチュ。
やっぱり尖がっている。崖。


無事に下山して、
残りの時間、遺跡内をゆっくり探索。

DSC07739.jpg
↑遺跡にはリャマがいます。
人見知りせず、大人しい。

DSC06955.jpg
↑「あの山登ったの…」と報告。

DSC06958.jpg
↑ザッキーとリャマ。

DSC06880.jpg
↑雨宿り中のリャマ。

DSC06932.jpg
↑うさぎもいました。

DSC07006.jpg
↑15分ほど歩いたところにある、『インカの橋』にも行きました。
断崖絶壁に架けられた橋。
敵が侵入してくると、橋を落とす仕組み。

スケール感に圧倒され、また恐怖で近づけず。
遠くからザッキーをうつす。

DSC07755.jpg
↑3本の丸太がかけられている。

DSC07016.jpg
↑綺麗な石組み。

DSC06703.jpg
↑水汲み場。
計16の水汲み場があるとのこと。

DSC06940.jpg
↑段々畑と、各神殿。

二日間、たっぷりマチュピチュを堪能しました。
またいつか訪れてみたい!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいところですね   高所恐怖症の人はいけないところですね

大変な思いをして行く人には良いご褒美が待ってるということです

No title

>あきこさん
インカの人は、よくあんな場所に建てたなぁ。と。
信じられない場所にあるんです。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sanae

Author:sanae
2011年3月からチリのサンティアゴで生活しています。家族は旦那様のザッキーと、2014年4月に産まれた長男タイチート。日本にいる家族や友達に発信する、日記代わりのゆる~いブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。