スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー旅行 ナスカの地上絵&砂漠


ペルー2日目。

今回の旅行のメインイベント、ナスカの地上絵見学ツアー。
リマにある日系の旅行会社に手配しました。

朝7時にガイドさんとホテルで待ち合わせ。

DSC06394.jpg
↑このバンでリマからイカまで移動。約4時間のドライブです。
移動手段はバスや乗合い車等ありましたが、
出来るだけ楽をしたい私達は、バンを貸し切りました

DSC06246.jpg
↑これが大正解。
フルフラットにして爆睡4時間って意外と長いからね。
そして写真を撮る為に止まってもらえたり、休憩のタイミング等
多少のワガママが言える。快適♪

DSC05876.jpg
↑イカ空港に到着。

DSC05863.jpg
↑カウンター。
空港税もしっかりとられます。

DSC05865.jpg
↑手続きを終えると、ビデオ上映室へ移動。
写真右に写っている出入り口がそれ。

DSC05867.jpg
↑このお爺さんが、ユーモアたっぷりの日本語で
地上絵について説明してくれます。
まるでカセットテープの様。完全に暗記した言葉を発している。
でも発音完璧。
その後、TBSの「世界遺産」ナスカの地上絵の録画ビデオを観ました。
これからその地上絵を観るのかと思うと、期待に胸が高鳴ります

DSC05946.jpg
↑いよいよだ~
「機長ホント頼むよ
初セスナで、実は私相当ビビってました
セスナって揺れるっていうし、過去に何件か事故があったっていうし…。

DSC05887.jpg
↑機長、副機長、乗客4人の計6人。
結構狭い。
ヘッドフォンつけて、いざ上空へ。

DSC05892_20121113104526.jpg
↑あ~~~もう逃げられない
ガクンッ!フワ~~~!ガクンッガクンッ!フワ~~~!
こ…怖い…
こんな景色が広がっていたなんて。
恐怖のあまり、飛び始めてから数分間の記憶がない。
岩肌の露出した乾燥地帯が広がっていたような。

DSC06275.jpg
↑砂漠。
しばらくすると揺れも落ち着きました。


30分位経った頃
急に機長の声がヘッドフォンから聞こえてきました。
そろそろ、地上絵が現れるとの事。

すると、セスナ機は大きく高度を落とし、右へ旋回!
今までに経験したことのないGを身体いっぱいに感じる。
グワワワ~~~ン、グルグルグルグル~~


機長「クジラ~~~!ミギ~~ クジラ~~」

私「ウェ~~~どこ~~~ウエェェェ~~」

機長「ハネ ノ シタ~!」

私「羽の下~?全部が羽の下だし!!(心の声)
 ・・・・・あ~~!クジラいた~~!!!」

てな具合です。
でも、一番最初のクジラ、上手に撮れませんでした
目がクルクルしていて可愛いお顔をしたクジラでした。


左へも旋回し、左右の乗客が絵を確認できたところで
次のポイントへ。


DSC05898_20121113110111.jpg
↑『三角』
大きい!綺麗な三角!一体、何を表しているのだろう?


DSC05901.jpg
↑『宇宙人』32m
噂には聞いていたけれど、本当にガチャピンみたい。


DSC05903.jpg
↑『猿』110m
写真だと薄くて見え辛いので、(肉眼ではしっかり見えました)
コントラストを変えてみると…↓↓↓
DSC0590etjd-1.jpg
↑こんな感じ。


DSC05909_20121113110110.jpg
DSC05909-1.jpg
↑『犬』51m


DSC05917.jpg
DSC05917-1.jpg
↑『フラミンゴ』300m
くねくねと曲線を描く長い首&くちばし。
ナスカの地上絵の中では最大で、首から先だけで150mの長さがあります。
あまりにも大きくて、全体を撮る事が出来ず。
写っている胴体+首の、倍以上に長いくちばしが続いていました。

DSC05916_20121113112815.jpg
DSC05916-1.jpg
↑『コンドル』136m


DSC05913.jpg
DSC05913-1.jpg
↑『蜘蛛』46m
クモは、砂漠地帯で雨の化身として崇められていたそう。


DSC05921.jpg
DSC05921-1.jpg
↑『オウム』200m
トンボという説もあるとのこと。


DSC05924.jpg
↑『木』(左)70m と『手』(右)45m
側にはパンアメリカンハイウェイが。
貴重な地上絵が分断されてしまっています。


DSC05926.jpg
↑うずまき


DSC05912.jpg
↑『ハチドリ』96m
一番はっきりと見えました。

DSC06285.jpg
↑ハチドリを遠くから。
高台に描かれているのが分かります。
くちばしが接する線は夏至の日の太陽を指すと言われています


DSC05934.jpg
↑『幾何学模様』


セスナ機は、左右に旋回するだけではなく、
高度を変える為、縦方向にも動く為、まるでジェットコースター状態。
更に、その状態から窓の下を眺め、地上絵を見つけ、
同時にカメラのファインダーを覗き込み……の繰り返し。
かなり酔います。

地上絵を見終わり、
空港へ戻る頃にはぐったり。
なるべく遠くを眺めます。


DSC05942_20121113114517.jpg
↑空港はもうすぐそこ…
頑張れ私。

DSC05955_20121113121142.jpg
↑無事生還。
フライト証明書をもらいました。

DSC06359.jpg
↑ナスカの地上絵の後は、
空港から数分の所にある砂漠へ。
サンドバギー爆走ツアーに参加。
これがかなり楽しめました。

DSC06353.jpg
↑どこまでも続く砂漠。

DSC06363.jpg
↑サンドボード。
かなり斜度ありました。

DSC06376.jpg
↑砂漠にポツンとある、絵に描いたようなオアシス『ワカチナ湖』

DSC06388.jpg
↑ワカチナの街並み。

DSC06386.jpg
↑ワカチナのレストラン。
背後には砂漠。
さりげないけど、すごい景色。

DSC06392.jpg
↑鶏肉チャーハンを食べ、
満腹のまま、車に乗り込みリマへ。



子供の頃から本等で見ていたナスカの地上絵を、
目の当たりにして、感慨深いものがありました。
周囲に何もない乾燥したあの土地に
いったい誰が何の目的で描いたのか。本当に謎!!


ペルー旅行記、あと少しで終わり☆

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

読んでいてすごく臨場感伝わりました ほんとにふしぎな光景ですね
サンドバギーも結構スリルありそう
よかった 無事にかえれて

No title

久しぶりにブログをチェックしたら、いっぱいアップされてて嬉しかった。楽しめたよー。いいね、充実してるね、一つ一つのスケールが大きい!!!

No title

あきこさん
今度、ペルー旅行の写真おくりますね。

もんこー!!
コメントうれしー!南米旅行楽しいよー!確かにスケールがすごい!謎が多い世界遺産が沢山あるよ。イギリスから近いからおすすめよー
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sanae

Author:sanae
2011年3月からチリのサンティアゴで生活しています。家族は旦那様のザッキーと、2014年4月に産まれた長男タイチート。日本にいる家族や友達に発信する、日記代わりのゆる~いブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。