スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリで出産 その② 【無痛分娩~入院編】


続き。



病院に到着。
駐車場に車いすが数台用意されているので、
陣痛が辛い場合は、乗せてもらえる。

受付へ行き、陣痛が来ている旨を伝えると、
部屋へ通され、名前、年齢、病歴、アレルギー等々を聞かれ、入院の手続き。

その後、胎児の心音チェック。
陣痛が本格的になってくる。
でも、まだまだ耐えられる程度。
お腹をこわした時の、最も酷い時のような…。


その後、分娩室へ移動し、
検査着に着替える。
DSC00160.jpg
↑ここ。
日本だと、子宮口が開くまで待つ部屋と、
分娩する部屋が別れている病院が多いと聞きますが、
チリは、全てこの部屋で行う。

ここで、助産師さんが触診で子宮口の開きをチェック。
更に、看護師さんに痛みの度合いを聞かれる。

看護師 「0~10でどのレベル?」

10のレベルが未知すぎて、答えようがない。
痛みが続くのがとにかく耐えられないので、
多く見積もり「3」と答えてみる。

結果、様子をみることに

「早く麻酔を……

しかしながら助産師さん、私の痛がる姿を見て、
「麻酔をしよう!」と。
天使かと

数分で、超美人な麻酔師登場。
背中を丸め、動かないようにと数人に押さえられる。
恐怖が増す…。
背中に数本。
チクっというより、ジクッッという感じで、結構痛い…。
ザッキー曰く、ドピュっと血が出たそうです。

5分ほどで、痛みがスーーーーッとなくなる
最高!!

IMG_1084.jpg
↑痛みがなくなると、余裕が出てくる。
ベットの前にはテレビ。
子宮口が開くのを待つ間、ボーっと眺めつつ、
母と姉とLINEでチャット。

DSC00170.jpg
↑安産のお守り。テーブルに置いてみる。
看護師さん、興味深深で聞いてきた。
「Que lindo!」(なんて可愛いの!みたいな感じ)だって。

DSC00161.jpg
↑横には担当の助産師さん。

DSC00182.jpg
↑ベッドの横には、ベベの診察台(ていうのかな?)
産まれたばかりのベベの検査をする台。

DSC00169_20140514080213d20.jpg
↑子宮口のひらかせるため為、
バランスボールに乗せられ、クネクネ腰を動かすよう言われる。
意味あるのかな?


約1時間半~2時間おきに、
麻酔が切れてくるので、
その都度、美人麻酔師さんに
チューブに麻酔を追加してもらう。

助産師さん、「少しでも痛かったら言ってね」と。

看護師さんも、部屋に入ってくるたびに
「大丈夫?痛くない??」と優しい言葉をかけてくれる。
本当に、チリで出産することが出来て良かった

病院についてから約6時間が経ち、
いよいよ子宮口が全開に。

看護師数名、麻酔師、小児科医、主治医が部屋に集合。
全ての準備が整った。いよいよだ。


「レスピラール!……プセ!!プセ!!」
(多分、「吸って~~!いきんで!」って意味)

助産師さん、私のお腹に全体重を乗せて、押してくる。

最後は、ずっと、「プセ!プセ!プセ!」

「息吸えない~苦しい~!!ムヒ~~~~~~~!!」



………………………産まれた

「ンキャ
弱々しい、小さな小さな泣き声…。…感動。

すぐに、お腹の上に赤ちゃんを乗せてくれる。
この時に見た赤ちゃんの表情は一生忘れない。


その後、産後の処置をしてもらい、
入院の部屋までベッドごと運ばれる。

DSC00201.jpg
↑入院部屋。個室。
広々としていて、綺麗。
入院期間は3泊4日。日本に比べて短い。

IMG_1094.jpg
↑夕食。
チリ味だったけれど、
前日の夕食以来、24時間ぶりの食事だったのと、
出産の達成感とで、最高に美味しく感じる。

DSC00284.jpg
↑翌朝の朝食。
冷静になると、やはりチリクオリティー。

DSC00215hk.jpg
↑小児科医がきて、赤ちゃんの検診。
入院中は、昼夜問わず、
数時間ごとに看護師、小児科医、主治医が部屋にきて、
母子の健康状態をみてくれる。

痛み止めの処方や、傷口の洗浄、脈拍チェック、
おむつ交換、臍の消毒なども行われる。

DSC00305.jpg
↑退院の日。
赤ちゃんを抱いて車いすで駐車場まで移動。
数日ぶりの外の空気が美味しく感じた。

DSC00316.jpg
↑ザッキーがお花をくれました。
赤ちゃんを抱いて戻った数日ぶりの我が家。
不安は全くなく、楽しみ&希望でいっぱい。



チリでの出産、最高でした。
日本での出産を経験していないので、
比べる事は出来ませんが、
チリは和気あいあいとした和やかな雰囲気。
定期健診の時から、
主治医は優しく、いつもニコニコ。
エコー写真をみては「可愛いね~」「良かったね~」。

そしてそして、とにかく『痛くない!』
痛くないから終始冷静でいられたし、
いきむことに集中できた…気がする。
ズルンっと、産まれる感覚を感じた。



文章まとまってないけれど、
記憶を辿って書いてみました。

以上。

Chao



スポンサーサイト

チリで出産 その① 【陣痛編】


久しぶりのブログ。

4月中旬にチリの病院で出産しました
予定日より12日も早く

自分の記録のためにも、
詳しくその日の事を書こうかなと。



【出産前日】

38週に入ったことだしと、
ナナさん(お手伝いさん)に確認してもらいながら、入院の準備。
これが、後々、助かった…
IMG_1080.jpg
↑助産師さんに言われた通り、
ベベ(赤ちゃん)の着替えを用意。
肌着、帽子、洋服を袋に入れて1セット。
それを5つ用意する。


この日は、いつもより頻繁にお腹が張るものの
「ちょっと動きすぎたかな」程度にしか思わず。

その後、お腹が張る中、頑張って夕食を作る。
わずかな痛みも伴うので、そのまま家事を放棄し、ベッドへ直行。

ベベが出てくるのは、まだまだ先だと思っていた為、
「あ~久しぶりに手強い便秘がやってきたか?」と
これから始まるであろう便秘との戦いに、戦々恐々とする。
今考えると、陣痛が始まっていたんだなぁと。


【出産当日】

朝、少量の出血に伴い、
痛みが少しずつ増す。
それでもまだ陣痛だとは思わず。

その後、頻繁にやってくる下腹部の痛みに
さすがにおかしいと思い、
陣痛カウンターで間隔を測ってみるも、
1分、10分、7分と不規則。
陣痛は等間隔でやってくると思っていた為、
「絶対に陣痛ではない…はず…」
と増してくる痛みにひたすら耐えてみる。

しかし2時間後、大量の出血があり、
ようやく、ただ事ではない事に気づき、
主治医に電話。

「ソレハ キョウ ウマレマス。
デモ ゴメンナサイ。
ワタシ サンティアゴニ イナイ。
カワリノ センセイニ オネガイシテオキマス」



とっても人気の忙しい先生で、
今までも、曜日変更される事がよくあったけれど、
よりによって、この日まで…
しかも、見ず知らずの先生に取り出してもらうなんて…。
「もうどうにでもなれぃ!」

「ていうか、今日産まれる!!!???」

焦りとビビリで号泣しながら、
ゴルフ中のザッキーさんに、電話。

数十分でザッキーさん帰宅したものの、
病院に着て行く服装で悩みだす
ジャケットやパンツを、とっかえひっかえするザッキー
「服装とかどうでもいいから、早くっっっ!!

という感じで、
事前に準備した入院グッズ(前日に用意しておいて良かった!!)を抱え、
助産師に電話し、病院へ

nuevo-centro-clinica-alemana.jpg
↑家から車で3分程度。
近くて本当に良かった!!!



脈絡もなく、だらだらと書いちゃったけど、
こんな感じで、その②へ続く。





チリでベビーカー選び&マタニティヨガ


あっという間に35週目に突入。
あと1ヵ月ちょっとで出産…

なのに、全く身体を動かしていません。
背中が張るので、散歩をするのも億劫で…

そんな中、友達がマタニティーヨガに誘ってくれました
友達のお家に先生を呼んでのヨガ。

写真
↑真ん中が先生。チリ人。
スペイン語でヨガを受けるのは初めて。
バッキバキだった背中や脇が伸びて、気持ちよかった~
少しでも出産がスムーズにいけばいいな。



そして、赤ちゃんグッズ購入もほぼ終了。
大物の1つ、ベビーカーもゲットしました。

IMG_0341.jpg
↑マンケウエ通りのこのお店。
かなり通いました。

IMG_0744_20140322010138ebb.jpg
↑このお店は、
日本でお馴染みのマクラーレンの品揃えがNO.1。
でもコンパクトで軽量なタイプは、
1歳くらいになったら…
もしくは、本帰国してからでも良いかなと。
日本でも、車メインの生活ですが、
道も建物の中も狭いので。


チリは広々としているし、
道が悪いところが多いので、
最初はタイヤがしっかりした大きなタイプが良いという
チリ駐在先輩ママ達のアドバイスを参考に…


IMG_0743_20140322010143785.jpg
↑Peg Peregoというイタリア製のものに決定。
日本では表参道ヒルズにお店があるそうです。

kolyaska-trost_peg-perego_pliko_p3_compact_completo_java_ipp8300034ju47jp53.jpg
↑イタリアの石畳でも問題なしのタイヤらしい。
飽きのこない茶色とグレーのピンストライプにしました。
(というかそれ以外の色がなかった)

IMG_0745_20140322010144ad4.jpg
↑椅子のタイプは2種類ついていて
取り外してベビーシートにもなる…
と説明してくれているところ。

良いのかどうかは使ってみないとわからない…。


1090_2.jpg
↑イメージ(peg peregoのHPから)
こんなお洒落で綺麗な素敵ママにはほど遠い…。

でも、赤ちゃんを乗せるのが楽しみ~♪




妊婦の血糖値検査 in チリ


出産予定日まで2ヶ月をきりました。

病院で受ける、定期健診以外の検査が増えたり(血糖値検査、精密エコーetc)
助産師さんに連絡をとったりと、徐々に忙しくなってきます。

まずは血糖値検査。
朝食抜きで受診し、
甘いシロップを飲む前、
飲んでから1時間後、2時間後の計3回、血糖値を測る。

IMG_0685.jpg
↑甘いシロップ。
甘過ぎて辛いと聞いていたけれど、
冷たく微炭酸で美味しかった。
空腹というのもあり、グビグビいけちゃった。


結果はすぐネットで確認することが出来、
(事前登録をすれば、過去の健診結果等をネット上で確認できる)
次回の健診の時に、先生に診断してもらう。

結果、1時間後の数値が高めだった為、
出産まで、チョコ、飴、アイス等の
甘いもの禁止令がでる

IMG_0602_20140306225458123.jpg
↑はまっていたスタバの
Frutilla frappechino(苺フラペチーノ)とは
しばしのお別れ…

最近は、お腹が大きくなってきた為、腰痛がひどい。
胎動も激しくなってきて、
夜寝付くのに時間がかかりますが、
元気に動く度に、愛おしくなる…。
私にも母性があるのね。


チリのマタニティ&ベビー服のお店


日本の様な品揃えとまではいかないけれど、
チリにも可愛くてお洒落なベビー服、
機能的なマタニティグッズは、探せばある。
という事が最近わかってきました。

大型モールは広い割には素敵なお店がない。
先週末行ったパルケアラウコ(近所の大型モール)にいたっては、
改装中のお店も多く悲惨な感じ。


というわけで、
ここは良い。と思った数少ないお店をブログに載せてみよう



IMG_0623.jpg
Pueblo del Ingles
クリニカアレマナお向かいのモール。
ベビー&マタニティグッズのお店が沢山。

IMG_0130.jpg
↑『Apple maternity

IMG_0128.jpg
↑マタニティ服は驚く程イケてないですが(失礼)

IMG_0129.jpg
↑マタニティ下着、授乳用下着etcが揃う。
抱き枕&授乳枕や妊娠予防クリームも。




IMG_0613.jpg
↑『Dellanatura
オーガニック店。

IMG_0612.jpg
↑様々なオーガニック化粧品が揃う。

IMG_0610.jpg
↑WELEDAの妊娠線予防オイル。
薬局にも妊娠線用のクリームは置いてますが、
自然派、かつ素敵に(?)予防したい方はこちらお勧め。
更に、優雅に素敵に予防したい方は、
モールでClarinsのオイルが購入できます。

私は、こだわりが無いので
家にあったアーモンドオイルや、ベビーオイル、
WELEDAのベビー用クリームを塗り塗り。

IMG_0608.jpg
↑デカフェのインスタントコーヒーも。




IMG_0614.jpg
↑『bluelove
子供の外出着が揃うお店。

IMG_0616.jpg
↑可愛い。

IMG_0617.jpg
↑しっかりした仕立てで可愛い裏地もついている。
デザインも細部まで凝ってる。
各19,000ペソ(4,000円しないくらい)。




IMG_0619.jpg
↑『Bambola

IMG_0620.jpg
↑店内狭いけれど、品揃え充実。

IMG_0607.jpg
↑肌着、外出着、赤ちゃん小物、ベビーベッド、布団etc
必要な物が一気に揃いそう。







近所のマンケウエ通り沿いには
赤ちゃんグッズのお店が沢山並んでいます。
その中で最も良いと思われるお店。↓↓↓↓↓

IMG_0341.jpg
↑『mininuts

IMG_0350.jpg
↑店内。

IMG_0349.jpg
↑ピジョンの商品が比較的たくさん。

IMG_0342.jpg
↑色々な種類の搾乳機や、母乳密封パック等々、便利グッズも揃う。
オーガニックコットンの商品も。



先週末ピジョンの方にお会いして、
ピジョンが揃う店を紹介してもらいました
今度行ってこよう。

探せば色々とあるのね。


Chao

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sanae

Author:sanae
2011年3月からチリのサンティアゴで生活しています。家族は旦那様のザッキーと、2014年4月に産まれた長男タイチート。日本にいる家族や友達に発信する、日記代わりのゆる~いブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。